SIMPLENOTE

ブログ

窓に対する固定概念  広島 平屋ブログ 投稿日:2022年06月23日
多くの方が、

「窓が多い家ほど明るい」

「窓が大きい家ほど明るい」

と考えがちですが、

実際は大して相関関係はありません。




理由は、窓をたくさんつくっても、

また、窓を大きくしても、

そこにカーテンをつけることで、

そこから入ってくる光を閉ざしてしまうからです。




他方、窓の数を減らしたとしても、

また、それらの窓がそれほど大きくなくても、

カーテンがいらない窓さえつくることが出来れば、

日中ずっと自然光だけで、

過ごすことが出来る家になります。




また、それだけじゃなく、

窓が少なくなれば

その分コストカットも出来るし、

断熱性と耐震性が高くなり、

かつ外壁が汚れる原因が減り、

なにより窓掃除の手間を減らすことが出来ます。




おはようございます。
スタッフの上西です。

さて今回も、

前回に続いて窓のことについて

お伝えしていきたいと思います。




今回は、窓の本数を減らすための

現実的な考え方について、です。




部屋に2つ窓は必要なのか?




一般的に寝室や子供部屋には、

2か所窓を設置します。

理屈としては、

2か所窓があれば風が通るからと、

2か所窓がないと

部屋が暗いような気がするからだと思います。




しかし、4面ある部屋の壁のうち、

2面に窓をつくってしまった場合、

部屋に十分な壁がなくなってしまいます。

残りの2面もクローゼットのドアと

部屋への入り口のドアによって

壁がなくなっているからです。




その結果、家具をどこに置くか、

エアコンをどこにつけるか、

換気扇をどこにつけるか、

コンセントをどこにつけるか、

などに頭を悩ますことになります。




つまり、壁が少なくなればなるほど、

その後の詳細打ち合わせが

難しくなってしまうというわけですね。




︎2つの解決策




では、この解決策を考えてみましょう。




1つは、部屋を大きくすることです。

部屋の面積を広げれば、

その分、壁面積も広がるからです。




しかし、この方法は

コストが上がってしまうという

デメリットがあります。

仮に、1.5帖広げたとしたら、

ざっと45万円ぐらいは

高くなってしまうという感じですね。




そして、もう1つの解決策が

窓の本数を1本にすることです。

そうすれば4つの面のうち1つは、

全て壁になるからです。




これだけで、ずいぶんと

打ち合わせがしやすくなると思うし、

窓が減った分、

家のコストを下げることが出来ます。




ただし、この場合、

家の中が暗くなるんじゃないか?

という不安と、

風が通らなくなるんじゃないか?

という不安が頭をよぎると思うので、

この2つを解決しないといけません。




家の中を暗くしてしまわないためには、

カーテンがいらない窓にするということですね。




では、風通しに関しては、

どのように考えればいいのでしょう?




これに関しては、

窓を開けて換気をする時の状況を

頭に思い浮かべてみてください。




換気をする時、

あなたは部屋のドアを

締め切ったままでするでしょうか?

おそらく、室内のドアも全部オープンにして、

家全体で風が通るように

換気するのではないでしょうか?




また、四季がある日本では、

季節によっては窓だけでは

十分な換気が出来ないことから、

24時間換気システムが義務化されており、

その結果、窓を開けて換気しなくても、

必然的に家の空気が入れ替わるようになっています。




そんなこんなで、風通しに関して、

そこまで神経質になる必要はないと思います。

っていうかカーテンありきの窓は、

基本的に窓が開けられないので、

そもそも風通しもクソもないですしね。




︎1つ1つよく考えてみること




このほか、収納にも

本当に窓が必要なのかどうかを

よく考えるべきです。




北以外の方角に窓をつくれば、

日光で日焼けしてしまうかもしれないし、

窓をつくればその分壁が減ってしまうので、

それに連動して収納力も減ってしまうからです。




トイレに関しても、

実は、窓がなくても全く問題ありません。

トイレには24時間換気システムの

排気がついていて、

そこから家の中の汚い空気や湿気を

外に排出しているからです。




つまり、換気システムさえオンにしておけば、

トイレが臭くなることはないということですね。




トイレの窓は開けっ放しにしやすいし、

開けっ放しにしてしまうと、

そこから排気した汚い空気を

再び家の中に入れてしまうかもしれないし、

風によって室内のドアが

「バタン・バタン」と閉まるため、

静かな夜その音が怖く感じる

なんてこともあり得ますしね(笑)




お風呂に関しても、

窓がないとカビが生えやすい

イメージがありますが、

ここも24時間ずっと換気しているため、

実は窓がなくてもそう問題ありません。




とはいえ、お風呂に関しては

個人的には窓があった方がいい

と思っているので、

わざわざなくす必要はないですけどね。




まっ、これらは

あくまで僕個人の意見なので、

ほどほどに参考にしてもらえたらと思います。




あくまで大事なことは、

カーテンありきの窓をつくらないということ、

そしていらない窓はつくらないことなので、

その点は覚えておいてくださいね。




それでは、、、
ページ先頭へ
窓を殺す考え方と活かす考え方  広島 平屋ブログ 投稿日:2022年06月16日


ご覧いただければ分かるように、

弊社では、リビングダイニングキッチンに使う窓は、

天井の高さと同じサイズのものを使っています。




天井と窓の高さを合わせることによって

そうじゃない窓を使った場合より

はるかに抜け感が出るし、

室内により多くの光を

採り込むことが出来るからです。




また、光が天井までしっかり届くため

より室内を明るく感じさせてくれるし、

窓枠も必要じゃなくなるため、

窓枠の上にたまったホコリを

取る必要もありません。




そんなこんなで、

この窓を標準的に使っているのですが、

とはいえ、このハイサッシを使う場合、

気を付けなければいけないことがあります。




おはようございます。

スタッフの上西です。




さて今回は、

前回の内容にちょっと補足して、

「窓」のことについて

お伝えしていきたいと思います。




カーテンが必要な窓にしない




ズバリ気を付けなければならないことは、

まさにこれです。




例えば、光がたくさん入ってくるからと、

日当たりが良い場所に

その窓をつけたとしても、

同時にそこから人の視線が

入ってきてしまうとしたら、

そこにはカーテンが必要になります。




となると、その窓から入ってくる光を

遮断してしまうことになります。

レースだけでその視線が

遮断出来るのならまだしも、

ドレープカーテンまで

閉めざるを得ないとしたら、

全くと言っていいほど

光が入ってこなくなっちゃいますからね。




いつもカーテンが閉まったままだと、

庭も空も見ることが出来ませんしね。




また、その窓は

おそらく防犯的にも不安を感じるし、

台風時も強い風がバンバン当たるので、

カーテンと同時にシャッターが

必要になると思いますが、

窓が天井まである場合、

とてもじゃないけど女性では

そのシャッターに手が届きません。




結果、手動シャッターではなく、

電動シャッターにせざるを得なくなり、

無駄に家をコストアップさせてしまいます。




つまり、ハイサッシを使う場合、

設置場所をよく考えてつけないと、

家の中が暗くなるだけじゃなく

無駄にコストアップを招いてしまう

ということなんですよね。




窓の特徴と見え方に配慮する




さらに、弊社が建てる家の多くが

平屋なのですが、平屋の場合

すべての窓のつくり方に注意しなければいけません。

すべての窓が歩く人や近所の人の視線に

さらされているわけですからね。




例えば、弊社では視線が気になる場所には、

横すべりだし窓を標準的に使い、

かつ、フロストガラスを標準的に使っています。

この四角形の窓ですね。



理由は、この窓は上に向かって開くのですが、

それほど窓が開かないため

視線がほとんど入ってこないこと、

そして、窓が軒代わりになるので、

小ぶりの雨程度なら全く中に入ってこないことです。




つまり、天気の日はもちろん、

小ぶりの雨程度なら、

ずっと窓を開けておくことが出来るというわけですね。




フロストガラスを使っていることで、

外から中も見えないので、

カーテンだって必要なくなりますしね。




また、この窓じゃなく、

引き違い窓(一番ポピュラーな窓です)を使う場合、

窓を開けた時、どうしても視線まで

一緒に取り込んでしまうのですが、

この問題も設置する高さを変えただけで一気に解決します。




例えば、一般的には、

窓の高さは床から2mの位置に揃えるのですが、

引き違い窓をこの高さに設置すると、

外から家の中が丸見えになってしまいます。




そこで窓の高さを床から2mではなく、

あえて天井と合わせてみたらどうでしょうか?

窓の高さが40cm上がることによって、

外から家の中が見えにくくなります。




理由は、外の地面は家の床よりも60cmほど低いため、

仮に窓そのものの高さのサイズが70cmだとしたら、

2m40cm(天井高)-70cm(窓高)+60cm(地面と床の高さ差)

=2m30cmが、外から見た時の一番低い窓の高さになるからです。




結果、その窓にもカーテンが必要なくなり、

その分コストをカット出来るし、

より多くの光を家の中に採り込むことが出来ます。




いかがでしたか?




このように窓のつくり方一つで、

家のコストも、家の明るさも、

家の快適性も格段に変わってくるのが、

家づくりの隠れた現実の一つです。




なので、暗くて閉鎖的に家にしないために、

窓のつくり方にも配慮しながら

家づくりをしていただければと思います。




それでは、、、
ページ先頭へ
美しさと機能性の共存  広島 平屋ブログ 投稿日:2022年06月13日
おはようございます。

スタッフの上西です。

  

さて、今回は

「美しさと機能性の共存」

というテーマについて、

お伝えしていきたいと思います。




携帯電話しかり、家電製品しかり、

いろんなプロダクトが、

美しさと機能性が共存出来ている中、

どうも家に関しては、

「美しい家=使い勝手が悪い」とか、

「美しい家=住み心地が悪い」

というイメージが、

未だ拭えてないような感じなので、

その誤解を全力で解いていきたいと思います。




美しさと機能性が共存出来ない理由




では、なぜこと家に関しては、

美しさと機能性が

共存出来ないのでしょうか?




内装は美しく仕上げることが出来るのに、

こと外装に関しては、

お世辞にも美しいとは言えない

家が大量生産されるのでしょうか?




ここには2つの理由があると考えます。




まず1つ目が、

美しい家にするために

どうすればいいのかを建築会社が

そもそも知らない、ということです。




知らないことは、

どう頑張っても実現不可能ですからね。




また、人は基本的に、

知らないことや新しいことは

否定したくなるものです。




例えば、投資を全くしたことがない人は、

投資について否定的になるでしょうし、

太陽光発電に否定的な意見を持つのは、

太陽光発電をつけてない人だったりします。




それと同じ理由で、

弊社が建てる家のような

外観デザインが美しい家の

つくり方を知らない人たちは、

もっともらしい意見を述べ、

意図的に潰そうとしているのでは

ないでしょうか。




「使い勝手が悪い」とか、

「家の中が暗い」とか、

「コストが高くなる」とか、

「メンテがしにくい」とか、

聞いた人が思わず後ずさりしてしまうような

理由を述べることによって、です。

そんな家を見たこともなければ、

体験したこともないのに・・・




そして、2つ目の理由が、

外観のことも考えながら、

間取りを考えていないこと、です。




つまり、間取り図と

ずっとにらめっこしてしまっている

ということですね。




間取り図だけを見て、

間取りをいじってしまうと、

確実に家のデザインは崩れていきます。




変な場所に窓が出来てしまったり、

窓が不均一になってしまったり、

正面に換気扇やエアコンの室外機&配管などが

出てしまったりするからです。




また、デザインを美しくするためには、

縦横のバランスがとても大事だし、

重心を低くした方がいいので、

平屋を基本とすべきなのですが、

一般的には2階建てが基本となっているため、

どうしてもデザインが崩れやすくなってしまいます。




そんなこんなで、

機能性はいいんだけど、

なんだかデザインがパッとしない家が

出来上がってしまうわけです。




美しい家は機能性が悪いのか?




例えば、弊社では

基本的に平屋を提案するのですが、

平屋の場合、問題が発生しやすいのが

防犯面とプライバシー面です。




ゆえ、その問題を解決するために、

出来るだけ窓の数を減らしつつ

それらの窓全てから

たっぷりと光が採り込めるように、

カーテンが必要じゃない窓だけを

つくるようにしています。

こんな感じですかね。



この結果、ご覧いただければ分かるように、

美しい外観のお家が出来上がります。




間取りが分からないことから、

プライバシーも担保され、

家の中での居心地がメチャクチャいいし、

防犯的にも優れているため、

安心して過ごしていただけますしね。




また、弊社では

窓の高さと天井の高さを揃えているのですが、

窓が大きくなれば

その分光もたくさん入ってくるし、

かつ光も拡散しやすくなるし、

天井まで明るくなることで

より家の中が明るく感じられます。

こんな感じですかね。



抜け感もあって、

より開放感を感じながら

暮らしていただけそうですし、

カーテンがいらないということは

カーテンを洗う必要もなくなりますしね。




さらに、家の中のドアも

窓同様に天井と高さを揃えて設置していますが、

こうすることで天井がずっと続き

空間に奥行きが出るため、

より開放感を感じていただきやすくなります。

この違いですね。




機能面で言っても、

ハイドアはドア枠が必要ないことから、

ドア枠の上の埃掃除もしなくて済みますしね。



と、窓とドアのことを

お伝えさせていただいたのですが、

デザインを美しくする工夫をしたことによって

果たして機能性が

犠牲になってしまっているでしょうか?




もちろん、なっていませんよね。

まっ、とはいえ「百聞は一見に如かず」なので、

これから家を建てようと思っている方は、

ぜひ一度、弊社のお家を

見に来てもらえたらと思います。




それでは、、、
ページ先頭へ
Follows
資料請求
お問合せ
ページトップへ