SIMPLENOTE

ブログ

家づくりの前提を見直す 広島 平屋ブログ 投稿日:2022年09月23日
家づくりをしていると、

知らない間に常識や当たり前が

たくさんアンカリングされていきます。




その代表的なこととして、

「部屋は南につくり、

部屋じゃないところは北につくる」

という常識がありますが、

では、このルールに則って間取りを考えると、

一体どんな家になるのでしょうか?




おはようございます。

スタッフの上西です。




ということで、

土地の向きごとにどんな家になるのか?

それぞれ考えていってみますね。




土地が北向きの場合




土地が北向きの場合

家の正面が北になりますが、

部屋以外を北につくると

家の正面が不細工になってしまいます。




理由は水回りが北にあることによって、

窓と換気扇が北面にたくさん出来てしまうこと、

かつ階段が北にあることによって

中途半端な位置に窓が出来てしまうことです。




しかも、外壁の汚れは

窓や換気扇を原因として発生する上、

直射日光が当たらない北面は

なおのこと汚くなりやすいので、

経年とともにより不細工になっていってしまいます。

外壁の塗り替えの周期も早まりかねないですしね。




土地が南向きの場合




土地が南向きの場合、

家の正面には大きな窓がたくさん出来ます。

すべての部屋が南に配置されるからです。




結果、間取りが全部分かってしまいます。

また家の中も外から丸見えになってしまいます。

さらに台風の時に一番強烈に風が当たることになります。




なので、これらの問題を解決するために

外構工事(庭)により多くのお金をかけることになり、

大きな窓にカーテンが必要となり、

大きな窓にシャッターが必要になります。




要するに、悪い防犯性とプライバシー性、

そして低い安全性をカバーするために、

余分なコストをかけざるを得なくなってしまう

というわけです。




土地が東・西向の場合




土地が東向きと西向の場合、

南に部屋を配置しても正面である道路から

部屋の中が丸見えになりにくいし、

水回りや階段が北にくれば

見た目も悪くなりにくかったりします。




しかし、これらの土地の場合、

土地の間口が広くないと

せっかく南に大きな窓をつくっても

そこにほとんど光が入ってこない、

という最悪の現象が起こります。

(これは北向きの土地も同じですね)




また、それに加えて

リビングから見える景色が前の家の裏側(北側)なので、

外構工事によってこの問題を解決しておかないと、

最悪の景観の中で暮らし続けないといけなくなってしまいます。

(これも北向きの土地も同じです)




これらの問題の解決策




このように、

この常識を前提に間取りを考えてしまうと、

どんな土地でも暮らしていく上で

なんらかの問題を抱えることになるし、

この前提ありきでは

これらの問題に対するいい解決策はありません。




では、どのようにすれば

これらの問題は解決出来るのか?




その答えはごく簡単で、

「この前提を頭から消し去ること」です。

要するに「部屋は南で部屋以外は北」

という概念を取っ払えばいいんですよね。




そうすれば自ずと解決策は出てきます。

北向きの土地であれば、

北に水回りや階段を配置しなければいいだけの話だし、

南向きの土地であれば、

南に全部の部屋をつくらなければいいだけの話ですからね。




例えば、階段というスペースは

吹き抜けになっていることから

とっても光が採りやすいのですが、

仮に南にくっついて家が建っていて、

充分な光がリビングに採れそうにないのであれば、

あえて階段を南につくり

吹き抜けとなっている高い位置から

光を入れてやるようにすれば、

それだけで自ずとリビングは明るくなります。




なのに、階段は南につくるものじゃない

という考えに固執してしまえば、

その解決策を自ら潰してしまうことになります。




また、あなたが洗濯物を室内干しするのであれば、

脱衣室を北ではなく、

南につくったほうがいいと思いませんか?




北では確実に日光が当たらないし

風通しも悪いのに対し、

南であれば日光もガンガン当たるし、

風通しもいいでしょうからね。




なのに、そのスペースを

南につくるなんてもったいない

という固定概念にこだわってしまうと、

これまた自らベストな解決策を

潰してしまうことになります。




ということで、土地に合わせた

ベストな間取りを完成させ

そこで超快適な暮らしをしていくために、

まずはこの代表的な固定概念を

頭から取っ払っていただければと思います。




これだけでもより理想的な

間取りが出来上がるはずですからね。

それでは、、、




ページ先頭へ
正しい図面の見方  広島 平屋ブログ 投稿日:2022年09月20日
「家族が増えて手狭になった・・」

「今の状態では部屋が足りない・・」

「収納からモノがはみ出している・・」




多くの方にとってこれらは

家を建てるきっかけとなる大きな理由だし、

さらに家族の人数が増える可能性があるとしたら、

現在の暮らしみたいにならないように

少しでも家を広くつくろうとしてしまいます。




しかし、家の価格は面積に大きく左右されるため、

そうすれば家の価格が高くなってしまい、

ローンにその負担がのしかかってくることになります。

  

おはようございます。
スタッフの上西です。
それゆえ、

家の予算を合理的に落とす方法、

つまり家を出来るだけコンパクトにする方法を

建てる前に知っておかないといけません。




もちろん、何でもかんでも

削ったらいいわけではないので、

いるモノはしっかりつくり、

逆にいらないモノだけを省くことによってです。




例えば、廊下をなくすとか、

使用頻度が少なそうな部屋をつくらないとか、

部屋の広さを必要最小限にする、

といった工夫ですね。




収納も例外ではない!?




そしてこの見直しは、

収納すら決して例外ではありません。




収納をたくさんつくれば、

それだけで収納不足が解消されるわけじゃないし、

床面積が増えれば、

ただただコストアップにつながるだけですからね。







この3つの図は全て

2帖という広さでつくった納戸ですが、

ご覧いただければ分かるように、

棚のつくり方やドアの位置によって

収納出来る分量が大きく異なります。




では1つ1つ説明していきますね。




まずAの収納ですが、

1方向だけしか棚をつくっていないため、

幅1.69mの棚板を

何枚つけるのかによって、

収納量が違ってきます。




仮に棚板が2枚であれば

使える段数は3段になるので、

1.69m×3枚=5.07m分

棚があるということになるのに対し、

棚を5枚にしたら使える段数が6段になるので、

1.69m×6枚=10.14mになる

といった感じです。




では続いてBの収納です。

つまり、もう1方向棚板を増やした場合ですね。

この場合、棚板の奥行きを30cmと仮定すると、

1.69m-30cm=1.39mの棚を

クロスして設置することが出来ます。




その結果、クロス方向にも6枚棚板がつくため、

1.39m×6枚=8.34m分、

先程の場合より棚が増えることになります。




Cの場合はどうでしょうか?

Cは収納への入り口を

少し真ん中にずらした場合です。




となると、反対方向にも

棚板を設置することが出来るので、

さらに1.39m×6枚=8.34m分、

棚が増えることになり、

Aの場合とは比べ物にならないぐらい

モノが置けるようになります。




このように一口に2帖の納戸と言っても、

そのつくり方によって

収納量に雲泥の差が生まれるのが

収納の知られざる真実なんですよね。




まー、言われてみたら「あっ、そっか!」

という感じだと思うんですけど、

図面の見方を知らないと

どうしてもこれに気付けないんですよね。




そこに立っている目線で図面を見る!




では、ここからは結論を述べたいと思います。

図面を見る時は上から眺めるのではなく、

そこに立っている目線で見てみてください。




そうすれば、

床面積で収納の量を判断するのではなく、

収納の中に存在する壁の量で

収納量を判断することが出来るようになります。




つまり、上から眺めているだけだと、

どうしても収納が足りないんじゃないかと感じてしまい、

悪戯に床面積を増やしてしまうのですが、

この見方が出来れば、

それが回避しやすくなるというわけですね。




というわけで、

不用意に面積を増やさなくても、

簡単に収納量を増やすことは出来るので、

この事実をあらかじめ知った上で、

家づくりをしていただければと思います。




ぜひ参考にしてください!

それでは、、、




ページ先頭へ
窓のつくり方について考える 広島 平屋ブログ 投稿日:2022年09月18日
「この頃のお家は窓が小さいなー」

「この頃のお家は窓が少ないなー」

親御さんも交えて打ち合わせをしていると、

時折親御さんからこのように言われることがあります。




そして、続けざまに

「窓が小さいと家が暗くなるよ」

という意見が飛んでくるわけですが、

では窓のサイズや数と家の明るさとの間には

一体どれくらい相関関係があるのでしょうか?




おはようございます。
スタッフの上西です。


と、その前になぜここ最近のお家は窓が小さく、

また少なくなっているのか?

その理由について簡単にお伝えしておきますね。




構造の安定のため




まず1つ目の理由が構造の安定のためです。

窓がつくところは、耐震壁をつくることが

出来なくなってしまいますからね。




ただし、高い耐震性を持たせるためには、

ただ単純に壁を増やせばいいというわけでもなくて、

いかにバランス良く壁をつくることが出来ているのかも

合わせて大切なこととなります。




快適性を高めるため




続いての理由がこれです。

いくら以前に比べて窓の断熱性能が高くなったとはいえ、

壁に充填する断熱材よりも

断熱性能が高いわけじゃないからです。



そして、断熱性能がより高いお家の方が、

冷暖房も効きやすく日々心地よく過ごせると同時に

温度差が生じにくいことから、

冷暖房機器がより少ないパワーで働くことが出来るので、

結果、電気料金の節約にもつながります。




家を汚れにくくするため




続いての理由がこれです。

外壁を汚れさせる一番の原因は実は窓だからです。

窓の横から垂れじみがダラーっと

流れている光景をよく目にしません?




家の汚れが目立ちやすくなると、

必然的にメンテナンス周期が早まってしまうのですが、

そうなればランニングコストが割高になってしまうので、

とりわけ、よく目につく面は

窓のつくり方に気をつけるべきです。




より収納力を高めるため




最後がこの理由です。

なんの関係があるのか

いまいち意味が分かりませんよね?

でも大いに関係があります。




例えば、3帖という広さの収納の

長手方向の長さは2.6mあるのですが、

この壁面に6段分棚をつくれば、

そこには15.6m分の棚が出来ますよね?




しかし、換気がしたいからという理由で

この壁面に窓をつくってしまったら、

一体どうなるでしょうか?




その窓の前には何も置けなくなり、

その窓のサイズ分丸々収納が減ってしまう

ということになりますよね?




具体的に、窓のサイズを

横幅1,5m、高さ1mとすると、

1.5m幅×3段分=4.5m分、

つまり約30%分も収納が減ってしまうことになります。




比例しない窓の数と明るさ




そんなこんなで、

ちゃんとした意味を持って

ここ最近のお家は窓が小さく、

また少なくなっているのですが、

そうなると大事なことが、

窓本来の役割を果たすことが出来る窓が

つくれているかどうかということです。




つまり、光を採り込み風を通せるかどうか、

ということです。




例えば、光が入ってくる方向に大きな窓をつくり、

この窓からたくさんの光を期待していたものの、

そこが外から丸見えだった場合、

そこにはカーテンをせざるを得なくなります。




となると、多かれ少なかれ

光を遮ってしまうことになります。

また、場合によったらレースにとどまらず

遮光まで閉めざるを得なくなってしまうかもしれません。




こんな状態では、

窓の役割を果たしてないと言っても

過言ではありませんよね。




なので、家を建てる時は

周りから家がどう見えているのか

ということまで想像しながら、

間取りとにらめっこしてくださいね。




窓が多ければ多いほど明るいわけでもないし、

窓が大きければ大きいほど明るいわけもありませんが、

カーテンありきの窓をつくってしまうと、

窓がより少なく、より小さくなった現在の家は、

よりいっそう家の中が暗くなるので、

気をつけていただければと思います。




それでは、、、

ページ先頭へ
Follows
資料請求
お問合せ
ページトップへ